辛口女子が徹底討論!優秀な家庭用脱毛器を探せ!

おすすめアイテムはどれ? 優秀家庭用脱毛器比較プロジェクト
HOME » 購入前にチェック!家庭用脱毛器の選び方3ポイント » 痛みはないか
優秀な家庭用脱毛器を探せ!
辛口女子による
緊急
ミーティング
フラッシュ式
家庭用脱毛器の効果検証

家庭用脱毛器・BiiToをリサーチ

家庭用脱毛器・ケノンをリサーチ

家庭用脱毛器・トリアをリサーチ

購入前にチェック!
家庭用脱毛器の選び方3ポイント

【パーツ別】
家庭用脱毛器の使い方やコツ

ちょっと気になる!
脱毛に関する色んなオハナシ

痛みはないか

サイト管理人のイメージ画像

脱毛で気になることの1つに挙げられるのが「痛み」。脱毛に痛みはつきものだと思っている方は多いかもしれませんが、家庭用脱毛器によって感じる痛みはだいぶ違うのです。せっかく家で手軽に脱毛できるのに、痛みのせいで続けられなくなるのはもったいないですよね。

ここでは、家庭用脱毛器として一般的なフラッシュ式とレーザー式の痛みについて、それぞれのメリット・デメリットを交えて解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

フラッシュ式とレーザー式脱毛器、痛みに関する基礎知識

家庭用脱毛器には、脱毛形式がさまざまありますが、脱毛効果が高く人気を集めているのは主にフラッシュ式とレーザー式。それらの「痛み」に関するメリットとデメリットを把握して、購入を決めるときの参考にしてくださいね。

フラッシュ式

メリット

メラニン色素に反応する光を照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得るのがフラッシュ式。強い刺激が直接伝わるワケではないため、「痛みに弱い」「痛くない脱毛をしたい」という方に最適です。レーザー式よりも照射範囲が広く、短時間でケアが完了できるのも大きなメリットです。

また、フラッシュ式の家庭用脱毛器は出力を何段階かで調節でき、部位や好みによってパワーを変えることが可能。脱毛が進むと痛みを感じにくくなってくるので、徐々にパワーを上げていくこともできます。

デメリット

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、エステサロンのものより出力のパワーは弱く設定されています。そのため、完全にムダ毛が処理できるまで期間がかかってしまうのはデメリット。完全に脱毛が終わるまで1年くらいかかるため、気長にコツコツ続けられる人に向いています。

なお、定期的に長く使うことを考慮してかフラッシュ式脱毛器には美顔・美肌機能が搭載されているものが多いです。期間に対してそこまで気にしないなら、ぜひ検討してみましょう。

レーザー式

メリット

家庭用のレーザー脱毛器は、フラッシュ式と同様メラニン色素に反応する光で毛根を処理するもの。けれど、フラッシュよりもパワーが強いため、より高い脱毛効果が期待できます。

医療脱毛ではこのレーザー式が主に使われていますが、自費診療なのでコストがかかるのがネック。しかし、家庭用のレーザー脱毛器であれば、医療脱毛よりもかなり安い値段でケアができます。

デメリット

レーザーはいわゆる医療行為に値するものですから、素人が使用をするとトラブルの原因になります。その1番の懸念点が激しい痛み。さらに強い出力で乾燥を伴います。この症状で挫折してしまう方も多々…。

レーザー脱毛をクリニックで行う際は、塗布麻酔をして痛みを軽減する上、万が一のトラブル時はその場で処置できる環境が整っているので安心です。家庭用レーザー機器は医療用よりも出力は弱めですが、素人が使用することはあまりおすすめできません

当サイトが選んだ注目の家庭用脱毛器3選

BiiTo
BiiToキャプチャ画像

¥46,872

BiiTo公式サイトは
こちら
ケノン
ケノンキャプチャ画像

¥63,800

ケノン公式サイトは
こちら
トリア
トリアキャプチャ画像

¥54,800

トリア公式サイトは
こちら

Copyright (C)おすすめアイテムはどれ? 優秀家庭用脱毛器比較プロジェクト All Rights Reserved.